また夢を見ている

rr23.jpg

ジローちゃんの指を描くのがとても好きです、楽しい!
でもジローちゃん描くと必然的にこのハイセンスな胸当ても描かなくてはいけなくなり、その瞬間は何も考えないただの虚無の塊になります。
ジローちゃんは何かに触ることに躊躇しない、むしろ好きなのだと思います。
そうして時々確かめる、これは壊れたら直せるものか。

---

以下ちょっと嬉し恥ずかしな話なんですけど、私もこう絵を描くのが趣味という者のはしくれとして、これをこう描きたいって思ったものがあまりにもその通りに描けないため、ヤダーーーいつまで経っても描けないーーーぐやじーーーーみたいに発狂する事がたびたびあるわけなんですが、つまるところ自分のへたくそさに落ち込む事がよくあるわけなんですが、その進歩してなさをリアル中二病のころから付き合いのあるオタク友達などに見られるのが恥ずかしくて、普段からあまりサイトの話とか絵の話とかはしないんですね。
そのオタク友は精力的に絵を描いていて、こちらからはそれを見ながら、超うめえうめえ、すげえな~~~~なんでこんな風に描けるんだろ…スゲェ~~~などと感心しきりなんですけど、なんだか余計に自分の絵を見られるのが恥ずかしゅうて、裏でこそこそ楽しんでいるわけなんですが、先日ふとしたきっかけでTwitterのアカウントを見てくれたようで、樽リンの絵久しぶりに見た!!と声をか…かけてくれたんですけど!
こちとらもうヒエェ~~~~とパニクっていたのですが、その友人は、「ver2016って感じだね!」「色合いが今風になったね」「このミハエルの絵がいちばん雰囲気変わった!」って、すんごい素直な感想を伝えてくれて、ワイは「ア、アリガトウ」と返しながらも、正直むっちゃ飛び回りたいくらい嬉しかったわけですよ、一週間たっても嬉しいわけです。
上手下手よりも何よりも、何て言うのかな~、本当にまっすぐに思ったことを言ってくれたようなその言葉が、なんだか自分でもびっくりするくらい嬉しかったんですよね。へただから恥ずかしいと思って言えなかったきもちごとふっ飛ばしてもらえたような、うまく言葉にできない不思議なよろこびが。
サイトの作り方を教えてくれた友人です。今もここで描いていてよかったと思いました。来年も描いていたら、もし見てもらえたら、ver2017と言って貰えるような絵を描けるかなあ。
スポンサーサイト



無印Jくん

rg36.png

の目が好きです。後半ちょっとだけカーブが柔らかくなった吊り目が好きです。
すんごい印象的な目だなといつもドキドキしております。海の色!

---

そして全く関係ないことを話し始めるのもいつものことなわけですけれども、ようやく遙か6の大団円EDを見るに漕ぎつけました…!途中で休憩を挟んでしまうとクリアまで時間かかりますな。
ルード→九段→村雨→有馬→コハク→秋兵→政虎→ダリウスで〆。
嫁は九段、ルード有馬コハクが特に好きです。あ、村雨も面白いので好きです。
遙かはいつもプレイ前とプレイ後でキャラ印象ががらっと変わるので、まあ本命は通常通り天玄武だろうなと予想はしつつも他キャラは未知数的にプレイし始めた感じでしたが、色んなとこで嬉しい驚きというか誤算というかでキャラクターそれぞれとても魅力的だったので色んな方向寄り道しまくってしまいました。
今回天地八葉の陣営が分かれてしまっているので、天地の絆感的な部分はお札と四神イベントくらいでしか見て取れるところがないんですけれども、その代わりに陣営ごとに誰と誰を組ませても面白い、時には飛び越えての友人知人関係が面白い、という、これまでにない楽しみ方が出来たような気がします。
大部分は既に完成された関係性ではありましたが、それを分けて貰って、知ってなぞってなるほど、と頷く。
蠱惑の森陣営にとってはニューフェイスとなるコハクがとても自由に、素直な感性で動き回って新しい風を吹き込む存在であったのも良かったです。
コハクは誰と組ませてもほんとにかわいらしいんですけど、特にルードと組むとちょっとタイプの違った仲良しの友達感が出て素晴らしい。
ダリウスルートで、部屋の中でいちゃこいてる梓ちゃんとダリウスをうっかり発見してしまい、顔を赤くしながらコハクと小声でこしょこしょ喋ってるルード君は、天使と呼んでも差し支えが1mmたりとも存在しないでしょう。
そして梓ちゃんの着る花嫁衣裳を一年かけて手縫いするあの献身的オカン属性、たまりません最高です。他キャラのルートでルードくんが出てくるたびに脳内祭状態です。かわい面白いというジャンルですね。
ルードくんとコハクは遙か6のアイドル……九段は食いしん坊お化けみたいな不思議感で最高に好きです、すばらしい。
3月開催イベントの遙か祭で最新作の発表があるとの事ですが、おそらく6の続編…というかファンディスクというかスピンオフというか的位置づけのゲームではないかとムラムラ予想しているので、そうであったとしたら新しい九段の食いしん坊イベントめっさごさ楽しみにしております。
ああ九段可愛い…今度出る秋兵とのデュエット曲も楽しみ。3月から6月にかけて、遙かでも遙かじゃなくても楽しみなイベントがたくさんあって、お財布が寒色のため、デュエット曲収録CDは一度見送って、その後再収録ボーカル集が出るのを待とうかな…などと考えておりますが我慢できず買ってしまいそうな気もします。
遙か6は全体のストーリー的にかなりコンパクトにまとまってるので、本編外での補完はあればあるほど嬉しいです。
もうちょっとたくさん情報欲しいなあ、なのでもし続編が出るならいとうれしです…もちろん7の発表でも嬉しいです、気が早すぎるけれども!わーい!!

アイゼン続き

rg35.png

「リーダーが寝ているぞ、起こして差し上げた方がいいんじゃないか」派と、「慣れない環境でお疲れなんだ、寝かせておいてやろう」派と、「それには賛成ですがこのままだと寝苦しいのでは」派がいるんじゃないかと思います。
アイゼンは実力主義だけれど、ミニ四駆がなければ得られなかった仲間同士、気遣い合い思い合い高め合いしていて好き。

---

昨日ぽろっとシール烈伝について触れた所、偶然ブログを読んでくれたらしき友人から驚きの機動力で「あるよ!!!ミハエルの病弱設定、私の手元に!!!」と速攻でメールが来たので夜中めちゃくちゃビビりました。
マジかよこんなところに!??!と超絶驚きはしたものの、「なんなら写メって送るよ!!!星馬兄弟も送るよ!!!」とたいそうありがたやありがたやヒヒーンなるお心づかいも頂いたので、ありがとうございます、残り二強リーダーとJくんとジムくんあったらお願いします、とオメーちょっとは遠慮しろやという欲望ダダ漏れなお願いを送りつけたら、「よくばりさんめ♡」との恐ろしい語尾の一文と共にほんとに送られてきた…う、うおお…。
すごいですねレツゴー友達、現役でぱっと出てきてぱっとお知らせアラーム。
すげえマジすげえ!!!興奮しました。カルロのご両親の設定とか真面目に初見レベルでした。
当時からず~~~~っとレツゴ―を愛してらっしゃる方に、たまに愛のかけら(ポッ)にこうして触れさせて頂ける機会があるんですけど、ちょっと恵まれすぎだな…と泣ける勢いです。
うあーほんとにありがとうです。再燃してサイト開いてよかったとつくづく思うのだ。幸せに思います。とても。嬉しい!!!!ヤッター!!!!!

---

全然知らなかったんですけど、Twitter、PNG画像がJPGに変換されるようになってたんですね!
いつぞやからなんかモワッとしてるなと思ってた!こっちではモワッとしてないから気づかなかった、湿気っててもそうでなくても、能力的には変わりないんですけれども…でも少しでもしゃんとした姿勢になりたい…なんとかしてPNG保存出来ないか調べなければ!むむ!!


メッセージのお返事

thanks.gif


メルフォより頂いたメッセージへのお返事です。
送ってくださってありがとうございました!

★2月15日にメッセージをくださったO様

わたしのおうちさん…!どちらもOさんで頭文字取れるのが素晴らしいと思います、メッセージありがとうございました!
返信不要と書いても無駄です、嬉しかったのでせめてひとことありがとうと伝えさせてやってください!Danke schön!
あっごめんね、ことさらナチュラルにドイツ語が口をついて飛び出して来てごめんね。

とても細部にわたって、たくさんたくさん絵に嬉しい言葉をくださってありがとうございます!
ひじょ~~にマイペースなので描くときたくさん描くそうでないとき長く休憩とるみたいな事もままあるんですけど、今とても描きたい周期にゴーしているさなかなので、そういう気持ち的に燃え上がっている時に更にこうして見て頂けている、共有して頂けているという事がとても貴重で、とても嬉しく、励みにも幸せにもなっております。

星馬兄弟はやっぱりこう同じ環境で10年も育ってきただけあるなという感じで根っこに部分の熱っこさがそっくりなのはさることながら、目で見て耳で聞く何より近くにいる相手、というのは自分を構成するひとつの要素に成り得るくらい端々で影響受けまくりだろうなと思うわけで、本人たちが意識しない部分で、うわっやっぱり兄弟だなこいつら~~~と周りに思われてる事が多々あると思います。
Oさんの仰る、「バインダーをめくるころには、2人がまた対照的な表情しててくれてもおいしい」の一文すんげえ滾りました…!
ふとした瞬間でぴたりと噛み合っては霧散しちゃうような、貴重なそっくり感も素敵ですね。消えちゃってもわかるんだよ。
似通っている顔立ちから、読み手かき手が何を見出そうとも何を得ようとも、個人で楽しむ範疇であればもちろん合法です。
顔立ちどころか台詞だけ見たらこれはもう確実に、と頷きを繰り返すのも合法だと思います。
今後とも少しでも栄養になりそうな箇所を発見したら続けていくべき活動ですよ、生きながらえる秘訣ですね。

コロコロアニキ、思えばもうすぐ五号発売なんですね!
三号以降はほとんど前知識なしにして挑んでいるので、今回も恐らくそうなるかとは思うのですが、毎回のゲストキャラが密かにとても楽しみです。
ジローは正直見た目と表情が好みという前提を踏まえても、一本通った変態性、違ったミニ四駆への関わり方を持ってるところが好きです。
彼は自分の走りが原因でレーサー仲間から見限られても、それでも走りのスタンスを変えることはしなかった。
壊すのが好き、なんじゃなくて、直すことが出来るのだからもっとスリルのある楽しいレースをしようという姿勢、自分の腕への絶対的な信頼、そこは最後まで揺らがないままでマシンへの信頼が加わって、最後の廃工場でのレースを心から楽しんでいるところがとても良いなと思います。キャラ感が崩れてない。
小さかった子どもの頃には流す事のなかった涙を、星馬兄弟とのレースを通して、潜在意識から引っ張って溢れさせたその波も踏まえて、とても純粋なキャラクターだなあと思います。変態なのに。変態だから純粋なのか?一途なのか?
何にせよ好きです。今後一度くらいまたご活躍を拝みたいと思いながらも、多分見ることはないかもしれないな、という思いでもいます。それでいいという気も。
五号楽しみですね~!

せめてひとことありがとうを、と冒頭で盛大に嘘をついてごめんなさい。ひとことどころではない。
ありが高杉!Oさんが遙か5やってくれて嬉しいです!あいつたまに無表情でシュールなこと言うしするからそこは評価したいです!!!!
メッセージ嬉しかったです!ありがとう!寒さぶり返したり暖かくなったり忙しない日々が続きますが、Oさんもどうぞご自愛ください。ではでは。

ミハエルのつぼ

rg34.png

ミハ続き。
リーダーは普段爆笑する事あんまりないけど、一度ツボにハマると抜け出すまでが長くて涙出る程楽しんだ末に「ああ笑ったよ!面白かった!」ってカラッと笑って去って行くので、笑われた方はむしろ何かめっちゃ嬉しいという現象

---

現物を持っていないので、シール烈伝の情報は聞きかじりの枠を外れないのですが、ミハエル幼少病弱設定を最初に知った時はびっくらこいただ!(あるんですよね!?ほんとにあるんですよね!?!?!)
アニメの「僕はマシンを支配している、支配しているからこそ負けたことがない」の考え方は、思うようにならない自分自身の体に対してずっとそういう付き合い方をしてきて、その感覚をミニ四駆にそのまま乗せてしまったのかなあ、などと流れ流れての妄想をし始めたりしますよね、ハイ

---

瞼さっそくちょっとよくなった、おいどん、うれ、うれしい!
ダリウスは、寝落ちしてPS VITAが充電切れしてた!!おいどん、ゆる、ゆるせん!!!

リーダーのイメージ

rg31.png



rg32.png


---

それぞれへのイメージ。
ミハエルが小学校4年生にして大人びた、いっそ堂に入った座り方をするのは、ご家族の方の影響を受けてなのかなあ。

---

rg33.png

何原因か分からないのですが数日前から左の瞼が腫れてて痛痒い染みるしょっぱいみたいなファックな日々を過ごしています。
しかも痛烈にビビってるから、この前怖いもの見たさ気分で映画:震える舌を鑑賞して以来、自分の体に起こった不調に対して「なんか腰痛いけどもしかして破傷風のせいなんじゃない?」と強引に繋げにかかるビビリ具合を披露してるから。
乾燥故に指先ひび割れるたびにヒエエお助け…みたいな気分になってるから、ほんとやめて頂きたいから。
そしてここに来て私はついに、もしかして普通の生活をしていたら治らないのでは?早く寝ないといけないのでは?という可能性まで到達することに成功したので、今日は早く布団に入ってダリウスを攻略しようと思います。
上の絵のハイライトは、左の瞼が痛いという話から始まったにも関わらず理不尽に右の瞼を痛めつけられるという、何の罪もない豪君が可哀想でどうしようもない土下座的な所です…間違えました…ごめんごめんいったんごめん

Alles Gute zum Geburtstag!

mb2016.jpg

おめでとう!ミハエル誕生日おめでとう!!!
レツゴはイベント事とキャラクターの誕生日が一緒になってることが多いのでそういった場合はおめでとう言える機会が多くて(つまるところ気づいたら日にち過ぎてるとかいうギルティが起こらなくて)良いです。
手紙貰った。リーダーは嬉しかった。とても嬉しかった。

---

ミハエルは食べる時の所作がとても綺麗だろうと思うんですが、しかしそれは環境で身についたものであって、本人的には堅苦しい食べ方に拘りも興味もなさそうだな~とも思います。
食べ歩きとか丸かじりとか抵抗なさそう、豪がやってるの見たら平然と真似する。
でもチャックは絶対に開いたままにしない。それだけはしない。

---

絵を描く仲間の友人が、自分が好きなキャラクターを描くことによってそのキャラクターをたびたび骨折させてしまうことをとても嘆いていて、私なぞは骨折させない事の方が少ないものですから、最初は「そうか…それは辛いな…」とか相槌を打っていたものの、だんだんと自分が絵を描く際にその友人の言葉がふと蘇るようになってきて、こうした誕生日絵を描く際など特に「うわっまた骨を折ってしまった…誕生日なのにほんとごめん…」と罪悪感に胸をえぐられながら治療する作業にいそしむ事になるわけです。
だいぶ矯正したつもりなんですけどまだ折れてる気がする…マジすんません……多分また折ると思います…マジすんません……

寒い

rg30.png

今日も寒かった…
強風で髪型豪リスペクトみたいなかたちで形状記憶する兄貴

京都行ってきた

ht03.png

先週の土日は京都に遊びに行って参りました!
主目的は刀博とスタンプラリーと坂本龍馬聖地巡りのつあーでございます。
同行者の友人が遙か5の龍馬ファンでかつ刀剣乱舞の陸奥守ファンだったので、やだ…マジ土佐藩士すぎ…(※私事になりますがわたくしは遙か5はアーネストとチナミと龍馬、刀剣乱舞はこんのすけと膝丸が好きです)
京の町がもろもろとコラボして賑わっているちょうどこの時期にかこつけ遙かと刀双方共に味わいに行こうぜよという話になり二日間ぐるぐるぐるぐる周ってきたわけなんですけれども、当日の天気予報が芳しくない感じだったためか、大型オンリーイベントの前だからか、はたまたスタンプラリー開催初日の翌週だったからか、予想していたよりも人の混み具合もあなやでなく快適にめぐる事が出来て、かつお天気も途中からは晴れ模様の傘いらずで大層楽しく気分は鼻歌まじりの素敵な旅でした!
晩御飯も龍馬に関連してしゃも鍋食べたり、一杯目から頼んだ中岡慎太郎(という名の志士イメージアルコールドリンク)がゆず味ホットの喉にストレートかましてくるタイプの粘着性の高い味で泣いたり、遙か5の中岡慎太郎のキャラソンがいかに本人のキャラクター性とギャップのある煌めいたポップスであるか訴えたり、カラオケで自前の歌を披露する中岡の後ろで終始龍馬がその場を盛り立て「中岡ーー!!いいぞーー!!!中岡ーー!!!(シャンシャンシャンシャンシャン!!!!)」とタンバリンを鳴らしながら激励を送り続けている話(※妄想)をしたり、龍馬と中岡だらけの二日間と言ってもよい感じでした。
友人がちょうど5の龍馬ルートをクリアしたばかりで記憶が新しいという事もあって、龍馬というキャラクターの持つ様々な局面の魅力についても時間を忘れて話した記憶。
誰かが自分の好きなものを、ここが好きだ、こういうところが大好きだと語っている時の姿というのは、なんて素敵で熱量があって、聞いているこちらが幸せな心地になるのだろうと嬉しくなりました。
誰かの語り口で聞いてますますそのキャラクターを、龍馬を好きになれるような思いでした。今友人の影響で龍天翔(龍馬のキャラソン)を聴きまくっております。この歌大好き。龍馬の彼らしさを最大限に引き出している曲だと思います。
遙か5はノーマルCPだと龍×ゆき、総×ゆきとアーネスト×ゆきが特に好きなんですけれども、龍馬とゆきちゃんはそれぞれ自然体のありのままに互いを思いやって、ふたりで添うように、支え合うように、息をするように隣にいる姿がうつくしいなと思います。
武器封印の時のスチルだったかな、今手元にソフトがないのでちょっと確認出来ないのですが、八葉とゆきちゃんのツーショットのスチル、それぞれのキャラクターごとにゆきちゃんへの接触の仕方に個性が出てるあれ、龍馬はゆきちゃんと手のひらを合わせているシーンで、互いの手、ただそれだけを重ね合う、その触れ方がとても優しくて、龍馬とゆきちゃんらしいべや~と感動したのを覚えています。
背中合わせでも、手を握るでも、両腕に包み込むでもないのがそれらしいなと思って。同じだけの重さとあたたかさを持って互いを想いあっている様が大好きです。
あと龍馬がオープンスケベなところがとてもいいですね、本当にいいですね。いやらしさを感じさせないスケベの代表格だと思います。キャラクター性の勝利だな。

oh龍馬だらけになってしまいましたが、京都旅行がそんな感じでほぼほぼに龍馬の軌跡を追う的な旅でしたのと、
刀剣乱舞関連では、縁の神社に設置されている刀剣男士の等身大パネルと同じポーズで写真を撮ることに熱意を燃やしました。
あ!あと、一車両しか運行してない刀剣乱舞の嵐電ラッピング電車見られた!!!!
タイミングを逃して乗ることは叶わなかったですが、車両自体見られないかもと思ってたのでラッキーでした、嬉しい。
バスと嵐電を駆使して東西南北飛び回りましたが、京都はほんと広いなあ。
そして見るところがほんっっっとうにたくさんあって、目的の場所は全部周れたんですけど、それでも巡りきれてない感がすごくて、んんんもう一度行きたいです。
実のところ去年の秋から京都に赴くのは3回目なんですけど、これだけ行っても全部堪能しきれないというのは本当に…すごい、でもこうやって楽しみを少し残しておくことで、また次行くときのたくわえになりますもんね。今から楽しみです。今回目的昇華のために結構ばたばた慌ただしい行程になっちゃったので、次はのんびりと神社をめぐる旅でもしたいなー。
春の京都は行ったことないので、そのあたりで足を運ぶのもいいなとむふむふしています。楽しみ。

エネルギー充填して帰ってきたら、自らへのお土産にと購入したこんのすけの抹茶クッキーがビキビキにひび割れていて、こんのすけを殺してしまった罪悪感に打ちひしがれています。
せめて割れる瞬間に断末魔の叫びをあげるべきだと思います。そうしたらすぐさま封を開けて額にキスするというのに、つつましいです。シュン。
しかして楽しかった!!!京都!!!!!!しあわせ!!!!!

---

そういえば、サモンナイト6!
今春発売、というニュースをだいぶ前に目にしていて、ウヘヘとなっていたんですが、なんとなく5月とかそれくらいかと思っていてしばらくコンスタントに情報を仕入れるのをさぼっていたのですが、この前久方ぶりに公式サイト様にお邪魔してみましたら、予想より遥かに早い発売日が掲載されていてびっくりしました!3月10日!!!!
限定版の方が欲しかったので(6の本編を懐かしいサモンナイトシリーズの曲をBGMにしてプレイできるというプロダクトコードがどうしても欲しくてですね…)、急いで予約しにネット上を走りました…ふう!予約出来ました!!!

このようにゲームを買った予約したの報告をブログでするたびに、積みゲーが誕生するメカニズムというテーマのレポートを書いているような気になるわけですが、早いとこサモンナイト6にも着手出来るようにまずプレイ途中の面々からファイッしていかねば。
6楽しみです。ハヤトが出る。しかも森川さん声のハヤトが!!!!!
森川さん→下野さん→森川さんの順に声変わりしたキャラクターなんてマジ彼くらいだと思います。
キールは…キールは出るの…?でも出たとしても声が檜山さんじゃなくなっちゃうの…?どきどき

sn04.jpg

↑だいぶ前に描いたままアップロードし忘れていたと思われる絵が出てきたのでタイムリーに貼り付けました。
キハヤは受(ハヤト)のが剛腕なところが最高ですぞ。腕とか足とかハヤトの方がぶっとい。しかし受

持続時間5秒くらいの表情

rg29.jpg

を目指しました。

 

樽

ランタンギンガ: 樽
日記代わりの二次創作ブログです。
レツゴ(星馬兄弟中心オールキャラ風味/豪受/RR含)多めにジャンル雑多、気ままに好きなものを置く仕様。
ときどきフッ表現飛び出し注意、ジャンル問わず主人公をCPの右側に配置する傾向があります。
各作品の原作者様、出版社様、制作会社様にはどう見ても一切関係ありません。

最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ