DQ11プレイ中

少し前からDQ11をプレイしています。少し前ってお前いつ発売したと思っとんねんというアレですが、寄る年波に勝てない勇者は疲れやすい体質なので定期的に現実世界に戻ってきてアニメを観たりPixivでBL小説を読んで攻めと受けの切ない恋物語に触れ号泣して目薬を差してから就寝する等のオタクセラピーを受けなければならないのです。
先日までDQの世界でも彼氏のカミュ君とふたりきりでお風呂に入ったり、私は何故3Dモードにしてからそのイベントをこなし二人の表情をつぶさに観察しなかったのか悔やみぬすっとのグローブを噛んだりしていたのですが、ゲーム本編があまりに面白いためうっかりサクサク(※自分比)進めすぎてしまい、素敵な旅の仲間たちが続々入隊してきてくれた故に早々にカミュ君との蜜月生活が終了してしまったため、BL成分は外で摂取しなくてはいけなくなってしまったのでした。

実は私本格的にDQをプレイするのは今作が初となります。
かろうじて5は序盤を少しだけプレイさせてもらった事があるのですが、それも主人公のヨシヒコがまだ少年時代の間のみという本当にかろうじてすぎるプレイ戦歴で、プレイした事があるなどととてもじゃないですが主張出来ず、後はDQ天空物語とエニックス4コマ漫画劇場でキャラクターと世界観の知識を養ってきたクソゲーマーなので御座いました。
モダモダしている間に時代が3Dゲーム主体になってしまい、二次元でしか生きられない体質の我が身が情け容赦ない3D酔いの状態異常に蝕まれるようになってしまったため、昨今に至るまでなかなか本格プレイの機会に恵まれず…
今作の、3Dだけでなくドット2Dモードでもゲームプレイ出来るよ!という触れ込みを見て、コレダーーー!!!!!!!!!!コレナラワタシモドラクエプレイデキルマスーーー!!!!!!!!!と興奮してamazonに駆けつけた次第なのでした。
初心者のくせに何とか楽をしてゲームを進めたかったので、取得経験値増効果のある装備品、しあわせのベストが特典でついてくる初回限定版です。
そんなこんなで鼻息荒くプレイ開始し、いつも通り主人公の名前をつける段階で一時間程悩…むかと思いきや今回は五秒で決まりました。
シラ君といいます。イシの村出身だったから…

以来コツコツとストーリーを進めているわけですが、体感的には今中盤中の中盤ド真ん中ではないかなあという感じです。
船を手に入れ世界中どこにでも足を運べるようになり、わざわざ作中の時間設定を夜にしてから港町のカジノに遊びに行ったりしています。
勇者は世間体が気になるので、カジノには夜に行くものだというテンプレ思考を持っているのです。
つまり寄り道が捗るようになり、ここに来てストーリー進行に足止めを食らっています。
シラ君がはぐれメタル狩りにハマったのです。
いかに勇者として初心者であれど、メタリックボディを持つスライム達がハイスコアの経験値をプレゼントしてくれる事はシラ君だって知っていました。
圧倒的レベル差で以て上段から敵を壊滅したい物理脳を持つシラ君は効率重視のレベル上げが大好きでした。
“DQ はぐれメタル 狩場”などのワードでGoogle検索し、スライム系のモンスターばかりが沸くというめくるめく離島の存在を確認したシラ君は、毎日毎日その島に出稼ぎに向かうようになりました。
もちろん、はぐれメタル狩りに有利なメタル斬りのスキルを持つカミュ、ゾーン連携で敵をメタル系モンスターに変態させられる必殺技を持つシルビアとマルティナも一緒です。
その島にたどり着くまでのメインパーティーは勇者・カミュ・ベロニカ・セーニャの初期メン固定だったので、長く苦楽を共にしてきたベロニカとセーニャをリストラする事への罪悪感に苦しみましたが、はぐれメタルの経験値の前にそのような後悔は些細なことでした。

先日現実世界の友人に「DQ進んでる?」と問いかけられ、正直にはぐれメタルの種としての未来についての懸念を話すと、「いやそれなら先進めてよ」と血も涙もないマジレスを食らい、ムキになった私は「話を進めすぎたらいい男が仲間入りしてカミュ君が嫉妬するかもしれないから!」とどうしようもない反論をしてしまいました。
そうしたら「仲間に若い男性キャラいないから、大丈夫だよ」ととんでもない事を言うので喧嘩になりました。
若い若くないは関係ねえんだよ!年齢差なんかで燃え盛るBL達の心は止められないんだよ!!と今も尚腹を立てています。あいつは何もわかっていない!!!!!!!!!フン!!!!!!!!!!!!
そして、今これを書いていてふと若い男性キャラ、というのは、私が日ごろ嗜んでいる小学生から中学生レベルのフレッシュさを指していたのではないかと思い至りました。
だってそうじゃないとシルビアが報われませんから…エッ…それってシラ君がショって事?それとも私がショって事?どちらにしろ腑に落ちません。

こんな感じなので、クリアまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、楽しんでいます。
2Dモードがあるからという購買理由が幅を利かせていたはずなのに、パーティーにいる彼らの表情が良く見える3Dモードでばかりプレイしてしまっています。
2Dモードだと定期的に自動でエンカウントするモンスターを、3Dモードだと避けて通れるからとかそういう理由が第一ではないぜ?
俺はいつメンの仲間たちを愛しているんだ。あいつらのことをもっとよく知りたいんだよ。あわよくば寝顔とか見たいんだ。
キャンプでも宿屋でも宿泊するといつも朝チュンなので少し寂しいです。
カミュ君とふたりきりの時代に宿屋に泊まっても、巷で噂の昨夜はお楽しみでしたね現象が起こらなかったことが遺憾です。
今後も継続して期待します。
スポンサーサイト



敦盛と弁慶

ht05.png 

ht06.png 


普段ニコニコ笑ってばっかりの弁慶の重くない真顔と、またたきの間だけ見える敦盛の七分くらいの笑顔が好きです!

///

遙か3アルチメット楽しみだなぁ!!!!!!!!!!
発売前から、KOEI大先生のすさまじい情熱と気迫を感じる展開模様ですっかり熱にあてられております。
発売決定ニュースが駆け巡った時は「つ、ついに出してきたな…!!!」みたいな衝撃がありましたけど、今も尚ハイペースにもたらされる事前情報の数々に大体トゥエンティエスインパクトくらい来てます。
なんかもうここだけの話まだ発売してないのにヒノエルート一通りクリアしたみたいなくらいヒノエ見てるよね。
ヤダ~~~~~何この眉毛~~~こんなに俺が一番セクシーじゃなかったのに遙かなる時空をゲーム自体が超えて来た感が半端ない~~~~助けて~~~><><><><
実際どれくらいアルティメットされてるかは出来るだけ本編で知りたいのであんまり公式サイト様を見ないようにはしてるんですけど、ホームのネオロマサイト様に飛ぶと大体アルティメットの新情報が出てくるのでそこでいつもヒノエに遭遇します。
このままだと何も考えず2週目にヒノエルート選択しそうで刷り込み怖しやばしです。
私は敦盛さんを最初に選ぶと心に決めているんだ…揺らがせてくれるな…!クッ……

遙か祭2016

ht04.png
※画像クリックででっかくなります

に、遊びに行ってきました!!!!!!是非とも聞いて頂きたい、全通です!!!!4公演通しで観てきました!!!
初めて全通しましたがむちゃくちゃ楽しかった…あまりに楽しかったので気づいたら右手が動いておりました、個人的ハイライトをしたためたかったので満足です。
青龍株が上がる上がるの4公演でした。有馬も瞬もギャグパートになると冴えわたる活躍、笑って感動して興奮しての2時間半×4。うわぁあ今一度あの場所に行きたいぃみたいな気持ちです。
その余韻を未だ引きずり喉が痛いわ足腰やられてるわ、睡眠時間も若干足りてない感爆発なので今日はもう…布団に…入ろうと思います……。
一階席と三階席入りまじりで席を取ったのでほぼほぼ座ったままだったというのに何故こんなにも満身創痍なのか。
イベントごとに参加するたびにいつも不思議に思います、この疲労ってどこから滲んで来てんの?海?
6の続編も5の舞台もじれっ隊再結成も楽しみです。楽しみです!!!!!!!

京都行ってきた

ht03.png

先週の土日は京都に遊びに行って参りました!
主目的は刀博とスタンプラリーと坂本龍馬聖地巡りのつあーでございます。
同行者の友人が遙か5の龍馬ファンでかつ刀剣乱舞の陸奥守ファンだったので、やだ…マジ土佐藩士すぎ…(※私事になりますがわたくしは遙か5はアーネストとチナミと龍馬、刀剣乱舞はこんのすけと膝丸が好きです)
京の町がもろもろとコラボして賑わっているちょうどこの時期にかこつけ遙かと刀双方共に味わいに行こうぜよという話になり二日間ぐるぐるぐるぐる周ってきたわけなんですけれども、当日の天気予報が芳しくない感じだったためか、大型オンリーイベントの前だからか、はたまたスタンプラリー開催初日の翌週だったからか、予想していたよりも人の混み具合もあなやでなく快適にめぐる事が出来て、かつお天気も途中からは晴れ模様の傘いらずで大層楽しく気分は鼻歌まじりの素敵な旅でした!
晩御飯も龍馬に関連してしゃも鍋食べたり、一杯目から頼んだ中岡慎太郎(という名の志士イメージアルコールドリンク)がゆず味ホットの喉にストレートかましてくるタイプの粘着性の高い味で泣いたり、遙か5の中岡慎太郎のキャラソンがいかに本人のキャラクター性とギャップのある煌めいたポップスであるか訴えたり、カラオケで自前の歌を披露する中岡の後ろで終始龍馬がその場を盛り立て「中岡ーー!!いいぞーー!!!中岡ーー!!!(シャンシャンシャンシャンシャン!!!!)」とタンバリンを鳴らしながら激励を送り続けている話(※妄想)をしたり、龍馬と中岡だらけの二日間と言ってもよい感じでした。
友人がちょうど5の龍馬ルートをクリアしたばかりで記憶が新しいという事もあって、龍馬というキャラクターの持つ様々な局面の魅力についても時間を忘れて話した記憶。
誰かが自分の好きなものを、ここが好きだ、こういうところが大好きだと語っている時の姿というのは、なんて素敵で熱量があって、聞いているこちらが幸せな心地になるのだろうと嬉しくなりました。
誰かの語り口で聞いてますますそのキャラクターを、龍馬を好きになれるような思いでした。今友人の影響で龍天翔(龍馬のキャラソン)を聴きまくっております。この歌大好き。龍馬の彼らしさを最大限に引き出している曲だと思います。
遙か5はノーマルCPだと龍×ゆき、総×ゆきとアーネスト×ゆきが特に好きなんですけれども、龍馬とゆきちゃんはそれぞれ自然体のありのままに互いを思いやって、ふたりで添うように、支え合うように、息をするように隣にいる姿がうつくしいなと思います。
武器封印の時のスチルだったかな、今手元にソフトがないのでちょっと確認出来ないのですが、八葉とゆきちゃんのツーショットのスチル、それぞれのキャラクターごとにゆきちゃんへの接触の仕方に個性が出てるあれ、龍馬はゆきちゃんと手のひらを合わせているシーンで、互いの手、ただそれだけを重ね合う、その触れ方がとても優しくて、龍馬とゆきちゃんらしいべや~と感動したのを覚えています。
背中合わせでも、手を握るでも、両腕に包み込むでもないのがそれらしいなと思って。同じだけの重さとあたたかさを持って互いを想いあっている様が大好きです。
あと龍馬がオープンスケベなところがとてもいいですね、本当にいいですね。いやらしさを感じさせないスケベの代表格だと思います。キャラクター性の勝利だな。

oh龍馬だらけになってしまいましたが、京都旅行がそんな感じでほぼほぼに龍馬の軌跡を追う的な旅でしたのと、
刀剣乱舞関連では、縁の神社に設置されている刀剣男士の等身大パネルと同じポーズで写真を撮ることに熱意を燃やしました。
あ!あと、一車両しか運行してない刀剣乱舞の嵐電ラッピング電車見られた!!!!
タイミングを逃して乗ることは叶わなかったですが、車両自体見られないかもと思ってたのでラッキーでした、嬉しい。
バスと嵐電を駆使して東西南北飛び回りましたが、京都はほんと広いなあ。
そして見るところがほんっっっとうにたくさんあって、目的の場所は全部周れたんですけど、それでも巡りきれてない感がすごくて、んんんもう一度行きたいです。
実のところ去年の秋から京都に赴くのは3回目なんですけど、これだけ行っても全部堪能しきれないというのは本当に…すごい、でもこうやって楽しみを少し残しておくことで、また次行くときのたくわえになりますもんね。今から楽しみです。今回目的昇華のために結構ばたばた慌ただしい行程になっちゃったので、次はのんびりと神社をめぐる旅でもしたいなー。
春の京都は行ったことないので、そのあたりで足を運ぶのもいいなとむふむふしています。楽しみ。

エネルギー充填して帰ってきたら、自らへのお土産にと購入したこんのすけの抹茶クッキーがビキビキにひび割れていて、こんのすけを殺してしまった罪悪感に打ちひしがれています。
せめて割れる瞬間に断末魔の叫びをあげるべきだと思います。そうしたらすぐさま封を開けて額にキスするというのに、つつましいです。シュン。
しかして楽しかった!!!京都!!!!!!しあわせ!!!!!

---

そういえば、サモンナイト6!
今春発売、というニュースをだいぶ前に目にしていて、ウヘヘとなっていたんですが、なんとなく5月とかそれくらいかと思っていてしばらくコンスタントに情報を仕入れるのをさぼっていたのですが、この前久方ぶりに公式サイト様にお邪魔してみましたら、予想より遥かに早い発売日が掲載されていてびっくりしました!3月10日!!!!
限定版の方が欲しかったので(6の本編を懐かしいサモンナイトシリーズの曲をBGMにしてプレイできるというプロダクトコードがどうしても欲しくてですね…)、急いで予約しにネット上を走りました…ふう!予約出来ました!!!

このようにゲームを買った予約したの報告をブログでするたびに、積みゲーが誕生するメカニズムというテーマのレポートを書いているような気になるわけですが、早いとこサモンナイト6にも着手出来るようにまずプレイ途中の面々からファイッしていかねば。
6楽しみです。ハヤトが出る。しかも森川さん声のハヤトが!!!!!
森川さん→下野さん→森川さんの順に声変わりしたキャラクターなんてマジ彼くらいだと思います。
キールは…キールは出るの…?でも出たとしても声が檜山さんじゃなくなっちゃうの…?どきどき

sn04.jpg

↑だいぶ前に描いたままアップロードし忘れていたと思われる絵が出てきたのでタイムリーに貼り付けました。
キハヤは受(ハヤト)のが剛腕なところが最高ですぞ。腕とか足とかハヤトの方がぶっとい。しかし受

アンジェリークルトゥール

uchu.png

下の記事では宇宙の均衡の乱れを見せつけてしまい申し訳ございません。高揚して動揺してサクリアが暴走マッハの様相で御座います。
アンジェリークルトゥールは発売決定発表時から長きに渡ってその動きを追って参りまして、そら買おうと思っていました、発売日が決定した時には「食べちゃおっかな?そうしよっと」と呟きながら照り焼きバーガーを購入してしまったほどでしたが、ソフトの値段が高かったので(←身も蓋もない程正直)、あと俺にはまだ超えるべき壁が、むしろ積みゲーがウエルカムトゥーしていたので、オーケー、分かった四ヶ月は待とう、と謎のタイムを取っていたのです。
それがこれだよ、おかしいな……いやおかしくない?おかしいよな……。

わたくしめは初アンジェは天空の鎮魂歌という異端者なので、RPGから入ったせいでナンバリングの方のアンジェリークが難しくて難しくて、マルセル様の野郎やジュリアス様の野郎の痛烈な塩対応(あいつら未来の上司に対して心臓毛生えすぎ)に涙してはEDまでたどり着けずという挫折の道を幾たびも歩んで参りました故、あと控えめに言って登場人物達が狂っていたので、時を経て再度リメイクプレイにこぎ着けるというのもなかなか勇気がいった次第なんですけれども、しかもほら、あいつら狂ってるのになんかイケメンですよね?
ルトゥールの公式サイト様にお邪魔してキャラクター一覧を眺めては、アンジェリークトロワのキャラ立ち絵を眺め、ルトゥールのイケメンを眺めては、トロワのジュリアス様の口から下を眺める、そういう日々を送っていたんです。
それがもう終止符を打つのだと思うと、どこか後ろ髪を引かれるような、名残惜しい気持ちにさせられるやら、どうせならこんな衝動的にワンポチじゃなくて、部屋の電気消して、キャンドルを9本立てて、「これから、宇宙のサクリアを送ります」とハァア~~しながら購入ボタンを押す、そういう儀式を踏まえたかったような気さえ致します。

ああぁ~~~ついに買ってしまった……カッと……いや、スヤッとなってつい…あああ~~~~

俺の嫁であるティムカ様が隠しキャラでこっそり登場するとかそういう特典ないですかね?
誰ですかこの……え~と…新キャラの…ブライアン?嫌いじゃないですよ!どうしてかって?僕が罪人だからさ。


---

波動に身を投げ出している場合ではなかった インテのために寝なくては
オタクは忙しいのだ 始発なのだ

 

樽

ランタンギンガ: 樽
日記代わりの二次創作ブログです。
レツゴ(星馬兄弟中心オールキャラ風味/豪受/RR含)多めにジャンル雑多、気ままに好きなものを置く仕様。
ときどきフッ表現飛び出し注意、ジャンル問わず主人公をCPの右側に配置する傾向があります。
各作品の原作者様、出版社様、制作会社様にはどう見ても一切関係ありません。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ